カクヨムのリワード配布は12月19日から! 小説投稿サイトのインセンティブとはいかほどのモノなのか??

いよいよ2019年12月19日に10月分のカクヨムリワードが付与されますね。小説投稿サイト大手のカクヨムでのリワードがいかほどになるのか、興味深々です。

因みにスコアの確認の仕方は、各小説の画面右上「作品を編集」から、下の画像の「カクヨムリワード」をクリックすると表示されます(ちょっと分かり辛い)。

上の通りの表示ですね。当方のスコアは非常に少ないですwww

スコア20くらいに対して1円程という話も聞きますが、この辺は19日になってリワードが配布されてからまた、こちらの記事を書き直して訂正いたしますね。

カクヨムロイヤリティプログラムの仕組みですと、広告収入全体のうち、運営手数料として30%を差し引いた残りの70%をユーザーの活動に応じて分配する事になっております。運営元の角川は流石一部上場企業なだけあって、こういった収入の発生元がどこにあるのかを明確にしてクリエイターに配布し、後々会計基準に変更がありそうな部分に事前対応しているのかな、という感じがします。

あくまでもサイトを発掘の場にしている辺り、信頼できるますよね。

ちなみに同じ様にインセンティブの付与を行っているアルファポリスでは12月から広告収入全部(100%)を、クリエイターに配布する方針に切り替わっております。この辺はカクヨムに対抗しているのかな、という気がしなくもないですが、思い切った舵取りです(以前は50%だった気がします)。

現在は、特定ジャンル、特定ワードで、ウケ狙いの作品が上位に来ることが多いのですが、もしかするとアルファポリスでも発掘に本腰いれ、中身のある作品が上位に来るようにランキングに手を入れようとしているのかもしれませんね。出版で収入を得ようとするならそれしかないわけですので……。

まぁ、何にせよ、多様な作品を好む層がこの様な小説サイトに集まって(戻って)来る事を望みますよ。一部のサイトではランキングからは面白い小説が見つからない状態になっておりますのでw

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA