退職前に会社から貰わなければいけない書類等を紹介!

会社を退職し、次に転職先を決めているなら必要のない情報かもしれませんが、退職後に個人事業主やフリーランサーに転身したい方々は、それまで勤めていた会社から各種書類を入手する必要があります。

貰い忘れがあった場合、辞めた会社に連絡を取らなければならなくなったりするので、注意が必要ですので、是非当サイトの情報を参考にしてみてくださいね。

年金手帳&雇用保険被保険者証

年金手帳がどこで保管されているか記憶していますか? 実は勤めている会社です! 入社した時に提出しているのですよね(個人的にこの辺どうかと思いますが……)。フリーになった際は、国民年金に加入しなければならないので、返してもらわなければなりません。

2019年10月30日に厚生労働省が、将来的に年金手帳を廃止する方針を示したので、今後は流れが変わるかもしれませんが、現状は返却してもらった方が無難かもしれません。

雇用保険被保険者証は、企業に再就職する際に必要な書類になるので、返却してもらった方がいいといえます。

健康保険被保険者資格喪失等証明書

個人事業主やフリーランサーとして国民健康保険に加入する際に提出が必要になる書類になります。

退職証明証

配偶者や父母の健康保険に入る場合、必要になる書類です。個人事業主やフリーランサーをやり、所得がある程度あるなら個人的に国民健康保険に加入する必要がありますので、注意しましょう!

源泉徴収票

独立してから初めて確定申告するときに必要な書類。退職日後に分かるので、何時頃貰えそうか確認する必要があります。

厚生年金基金加入員証

退職元の会社で厚生年金基金に加入していた人だけが発行してもらえる証書。

まとめ

一つの組織から抜け出るだけのために、これだけ書類が必要になるのですよね。人事部を信用しすぎると後々書類が足りない事態に陥りかねませんので、必ずご自分でメモして、一つ一つ揃えて行った方がいいと思います。

正直なところ、これだけの書類を紙ベースでやり取り&保管が必要なところに、日本の危うさがありますよね。

会社と問題を起こした人等は永延と不快なやり取りが必要になるわけです;

退職は一大イベントで、頼み事一つに気後れするかもしれませんが、後々の事を頑張り、手抜かり無くやりましょう!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA