スクエアエニックスHDが2020年3月期第二四半期短信を公開。MMO好調で増収増益

本日2019年11月7日にスクエアエニックスホールディングスが2020年3月期第二四半期短信を発表しました。

前年同期比で売上高8.2%増、営業利益が62.9%増、経常利益が6.1%増、親会社株主に帰属する四半期純利益が32.0%増になっております。これをうけて、株価は前日比で150円UPしています。

注目ポンイント

家庭用ゲーム機(switch等)用タイトルでは「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし 時を求めて S」や「ファイナルファンタジーX/X-2 HD リマスター」等の販売があったものの、前年同期比で減収となっています。前年同期で大型のタイトルが発売されたため、その反動で当期悪く見えているという感じのようです。(前年同期はドラゴンクエストⅪの海外版、ニーアオートマタXBOX版、オクトパストラベラー、シャドウ オブ ザ トゥームレイダー等々、早々たるタイトルが発売されていました)

スマートフォン向けゲームでは、2019年9月に配信が開始された、「ドラゴンクエストウォーク」が好調(先日800万ダウンロード記念のサブクエストが配信されていました)。さらに、「ロマンシング サガ リ・ユニバース」も好調で、増収増益です。

その一方で、MMO部門では、「ファイナルファンタジーXIV」拡張パッケージ の発売とそれに伴う課金会員者が増えた事(同タイトルは、パッケージ版を買った後に、月額の課金を払い続けなければならないので、会員社数が増える程に業績が良くなり、そして安定するシステムです)でデジタルエンタテインメント事業 は、売上高は85,406百万円(前年同期比4.2%増)、営業利益は 16,686百万円(前年同期比33.0%増)になったようです。

その他にはアミューズメント事業で、店舗運営が好調なため、売上高は22,822百万円(前年同期比11.2%増)。営業利益は 1,330百万円(前年同期比83.3%増)。

出版事業では、電子書籍形式の販売が大幅に増加し、売上高は9,064百万円(前年同期比42.3%増)。営業利益は 3,211百万円(前年同期比87.2%増)。(スマートフォン向けアプリの「マンガUP!」のダウンロード数が11月には1000万を超えています)。

留意点

前年同期比で増収増益ではありますが、幾つかの点で留意が必要です。

①スクエアエニックスHDの子会社の中で、「デジタル・コンテンツの販売に係る会計方針の変更」を適用したところがあり、前年以前の決算情報を遡及修正しているようです(過去の処理内容を方針変更バージョンで計算しなおすので、公開済みの決算数値が変わる)。もちろん前年同期比の決算値も変わっており、、前第2四半期連結累計期間の売上高が616百万円減少、営業利益、経常利 益及び税金等調整前四半期純利益はそれぞれ306百万円減少しております。ただこれは、同社全体の売上高、各収益区分の金額に比べて微々たるものではあります。

②前年度はコンテンツ等廃棄損3,733百万円が利益を下げています。(スクエアエニックスホールディングスの完全子会社である株式会社Luminous Productionsの事業方針の抜本的見直しで、コンテンツ制作勘定の処分等3,733百万円を特別損失として計上していました)。その分当期の利益は良く見えているというのはあります。

③とはいえ、2020年3月3日発売予定のFINAL FANTASY Ⅶ REMAKE等、今から期待度が高いタイトルもありますので、通期通しての業績の見通しは明るいといえそうです。

まとめ

スクエアエニックスはやはり強いですね。人気の過去作が豊富なので、リメイクすると一定の販売本数が見込める点で、長続きしそうな企業という感じがします。当方も正直な事をもうしますと、スクエニのタイトルばかり遊んでいますw

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA